青島 健太

スポーツライター・TVキャスター

1958年4月7日

新潟県新潟市出身

身長:183cm 血液型:O型

1974年 埼玉県草加市立栄中学校卒業

1977年 埼玉県春日部高校卒業

1981年 株式会社東芝入社(広告部)

1985年 ヤクルト・スワローズ入団

1989年 シーズン終了後、同球団退団

1990年 オーストラリア・ビクトリア州にて日本語教師

1991年 帰日以降、スポーツライターとして執筆活動開始

1996年 4月より立教大学非常勤講師

2001年 4月より慶應義塾大学非常勤講師

2005年 鹿屋体育大学 客員教授 硬式野球のクラブチーム 「ウェルネス魚沼」初代監督に就任

2006年 流通経済大学 客員教授

セガサミーホールディングス硬式野球部「セガサミー」野球部監督に就任

2007年 第19回千葉市長杯で初優勝後、退任

日本医療科学大学 客員教授

【資格】中・高 社会科教員免許、普通自動車免許、自動二輪大型免許、社交ダンス3級(モダン)

主な講演テーマ

 

「夢の実現、今こそチャレンジを!」

野茂英雄のチャレンジにはじまり、メジャーリーグで大活躍を続ける日本人選手たち。イチロー、松井秀喜、松坂大輔等々…。

日本で生まれ、日本流の野球の中で育った彼らが、メジャーリーグで臆することなくプレーする秘訣は、いったいどこにあるのでしょうか。

野球(日本)とベースボール(米国)の違いを考えていくと、そこに横たわる世界基準のチャレンジのあり方が見えてくる。

スポーツライターならではのチャレンジの本質に迫る考察と展開に思わず引き込まれてしまいます。

この時代に求められるのは、失敗を恐れないチャレンジ精神。ビジネスに、人材教育に一度は聴いていただきたいチャレンジのすすめです。

 

「野球を通しての人生観 ~何事も前向きにひたむきに~」

社会人野球(東芝)時代の経験談から始まり、27歳でヤクルトにプロ入りをするまで、 そしてヤクルト時代に思い知るプロ野球選手としての条件を、

ユーモアを交えながらテンポよく語っていきます。

プロ野球選手としての条件とは?

プロ野球選手として華々しいデビュー(初打席初ホームラン)を飾りながらも、5年間の選手生活を引退することとなった青島氏。

スポーツライターの視点から引退した当時を振り返り、前向きなエネルギーについて考えます。

そしてその内容は、聴講者を、必ず元気にしてくれます。

〒106-0045 東京都港区麻布十番2-14-8 西村ビル2F   TEL: 03-6453-7188 FAX: 03-6453-7187